カーフィルムタイトル
ブログ
まんなガレージ案内

問合せボタン



カーフィルムは今や車の必需品となっていますが、何故カーフィルムを貼るのでしょうか。カーフィルムの特徴を幾つかご紹介しましょう。


フィルムは、車外から車内が見えにくくなりますので、プライバシーを守ります。また、セキュリティ効果も向上します。更に、紫外線(UV)を99%遮断し,日焼けや室内の劣化を防ぐ効果もあります。冬は車内の熱を外に逃がしにくくなるので冷暖房の効率が良くなります。冷暖房が弱くて済むので燃費もよくなり省エネにも貢献します。
長距離ドライブには特に効果を発揮します

車のフロントガラス以外はほとんどが強化ガラスと言って割れると粉々になります、万が一硬い物が飛んできたり事故等でガラスが割れても車内に粉々になったガラスが散乱するのを防いでくれます。 また車上荒らしなどガラスを割って車内に侵入しにくくなるので防犯対策にも一役買います。

最近ではプライバシーガラス(ガラスその物に色がついているガラス)が多くなってきましたが、さらに色を濃くして車内の物を他人に見られたくないですとか車の雰囲気作りなど様々なメリットがあります。


当店のカーフィルムはプロ施工店用のフィルムを使用しております、これはフィルムも厚く、色が濃くても透明性が 高いので室内側からの視界も至って良好です。フィルムの表面にはハードコートが施されておりますので、少し擦ったくらいではキズが入りにくくなっております。


  • 一般的なスモークフィルム
  • 助手席や運転席にも施工可能な透明断熱IRフィルム
  • その両方を併せ持つスーパー断熱スモークフィルム
  • フロントガラスの上部に貼って眩しさを和らげるグラデーションサンシールドフィルム(ぼかしフィルム)

などお客様のお好みやご予算に応じたフィルムをお選びいただけます。 また各種サンプル帳、IRフィルム体感サンプルなどをご用意しておりますので、お気軽にご来店下さい。


Top↑

カーフィルムは道路運送車両法の保安基準よって下記の場所に貼る場合は、その窓ガラスの可視光線透過率は70%以上は必要です。(可視光線透過率はティントメーターにより計ります。)

  • 前面ガラス(フロントガラス)
  • 運転席の側面ガラス
  • 助手席の側面ガラス
わかりやすく言うと上記ガラスには着色フィルムを貼ってはいけないという事です。貼った場合は不正改造車とみなされ罰金と減点の対象となりますのでご注意下さい。また当店では法令順守を第一に考えておりますのでそう言った不正改造はお断り致しております。

施工料金は対象車種の年式やお選びいただいたフィルムの種類によって変わりますので、詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。


◎車種別カットフィルム販売

ご自分でカーフィルムを貼れる方で型取りが面倒な時は、車種別のカット済のフィルムの販売もしております。



お問合せボタン
Top↑